M&Aの仲介業者を選ぶコツ|専門家に任せれば安心

業績を飛躍的に伸ばせます

企業買収により得られるメリットは非常に多いです。例えば、事業規模の拡大や異業種や周辺分野への参入が挙げられます。企業買収を積極的に繰り返すことにより、数年で売上規模を10倍にすることも夢ではありません。

会社合併のサービス業者

スーツの人

会社の合併を行うM&Aの仲介業者には、選び方にポイントがあります。まず規模によってどのような業者が必要になるのかを把握する必要があります。規模が大きくなれば銀行などに依頼するひつようがありますが、小さな規模同士の会社のM&Aであれば、数名のアドバイザーがいる仲介業者で十分です。次にその合併する会社の専門性の応じて、対応できる業者を選ぶ必要があります。M&Aは買収額の評価をどのように判断するかが重要です。このために会社の価値を適性に分析できる専門家が所属することが条件となります。仲介を依頼する場合には、その会社の価値を十分に理解できる相手が必要になります。これにはふたつの理由がありますが、まずは適正な売却金額で合意するためです。適切な価値を把握できない会社は、その提示金額に同意しないケースもあります。そしてもうひとつは、買収する会社の価値を理解できなければ、買収後に上手く会社を運用することができないためです。どのような強みを持っているのか、どんな価値を生む商品やアイデアを生産できるのかを理解できなければ、買収したあとに活かすことができません。その価値をよく理解できる相手を探すことができる仲介業者を選ぶことが重要です。また報酬体系にも注意が必要です。完全出来高制を取っている仲介業者は一見すると有利なように見えます。手付金を払わずに済むからです。けれども手付金をきちんと請求する業者は、M&Aのための調査を入念に行うものです。その点を踏まえて選ぶことが大切です。

ウーマン

異業種へ挑戦しよう

異業種へ参入したければ、企業買収という選択肢を持っておきましょう。一から新事業を立ち上げるよりも迅速に新しい事業を始めることができます。また、ダイナミックな事業転換により業績を急回復させることも可能です。

握手

スピード化に対応した戦略

企業買収を事業戦略として行うケースが増加しています。これは、買い手にとっても売り手にとってもメリットが大きいためです。利害関係者や従業員などに影響を持たらざさずに事業の戦略を変更することができるのです。